ヒヤリ・ハットを低減したい
SEARCH BY PURPOSE

介護施設に特化した無線式ナースコール
「ココヘルパ」におまかせください!

  • 起床・離床動作などの前後映像で可視化

  • リモートによる夜間巡回でヒヤリ・ハットを防ぐ

  • 事故時の映像を確認し原因を究明

FEATURES01

精神的負担を軽減。
ヒヤリ・ハットを可視化

呼出ボタンの発報時や、ベッドセンサーやマットセンサーとの組み合わせにより、起床や離床動作時に映像・音声情報をスタッフへ通知することで、即時対応ができるほか、前後映像を保存することが可能です。万が一、インシデント(ヒヤリ・ハット)が発生した場合は、後で映像確認が行えるため、ヒヤリ・ハットを可視化することができます。さらにココヘルパVPであれば、必要に応じて常時約5日分の録画と録音機能を稼働することも可能です。

FEATURES02

リモートで夜間巡回。
注意が必要な入居者を手厚く見守り

業界初の「映像型活動検知アルゴリズム」を搭載したココヘルパVPなら、「映像と会話」によるナースコール機能はそのままに、リモートによる夜間の巡回見守りまでをサポートできます。一部屋ずつ居室へ足を運ばなくても専用タブレットで見守ることができ、注意が必要な入居者を手厚く見守ることが可能です。また、閲覧時間や閲覧者名などの履歴も残るので、エビデンス管理も万全です。

FEATURES03

入居者に安心を。
ヒヤリ・ハットの原因を究明

万が一、インシデント(ヒヤリ・ハット)が発生した場合でも、後で映像確認を行えるため、今までできなかった再発防止策を取ることができます。ヒヤリ・ハットの原因を究明することで、ケアの質の向上が期待できます。

導入事例

株式会社リールステージ

有料老人ホーム「リールホーム学園前」(奈良県)

ヒヤリ・ハット対策に効果大

株式会社リールステージ様

中山 久雄社長

介護現場の生産性をいかに上げるか。その課題解決の一環として導入したのが「ココヘルパVcam」です。呼出時の「映像+会話」で優先順位をつけてケアすることができ、サービスの質を向上させつつ、業務の効率化に役立っています。映像の機能は、ヒヤリ・ハット対策にも効果的です。以前、入居者が何かを飲み込んでしまい、苦しんだことがありました。通常、その原因は推測するしかありませんが、「Vcam」なら呼出前後の映像を確認することができ、トロミ粉を飲み込んだのが原因だと分かりました。原因究明や対策を立てるのに大変重宝しています。