ナースコールを無線
(ワイヤレス)化したい
SEARCH BY PURPOSE

介護施設に特化した無線式ナースコール
「ココヘルパ」におまかせください!

  • 約800施設(約6万床)が導入しているから安心※2020年4月末日現在

  • スマートフォンだからひろがる拡張性

  • 無線インフラを活用し他社システムと連携可能

  • 無線ナースコールで配線工事を簡略化

  • 各居室への配線不要で低コスト化

FEATURES01

導入実績は豊富。
全国約800施設・約60,000床で導入

※2020年4月末日現在

介護専用「無線ナースコール」のパイオニアとして、全国約800施設・約60000床に導入していただいています。「無線+スマホ」活用のナースコールではトップクラスの導入実績があり、導入先の介護現場のニーズ・シーズを加味した製品開発を続けています。

FEATURES02

適正な人員配置を。
スマートフォンの可能性は無限大

介護現場のニーズ・シーズを加味して開発した、対応履歴機能やケア記録機能など、運営に役立つさまざまな機能を搭載。スタッフ間の情報共有や迅速な駆けつけ対応により、適正な人員配置が可能です。また、一般的なPHSに比べ、防水・防塵・耐衝撃性に優れているのも魅力です。

FEATURES03

無線だからできること。
つなげて、ひろがるITソリューション

ココヘルパは確実性の高いワイヤレスネットワークと最新IT技術を積極的に活用した介護専用の無線ナースコールです。無線の利便性を最大限に活かし、当社システムはもちろんのこと、日常的な見守りやケア記録などの他社システムとの連携が可能です。

他社見守りセンサー連動について
介護記録ソフト連携について
電話機能について

FEATURES04

入居者ファーストを実現。
ベッドもセンサーも自由自在に設置

無線式だから、ベッドレイアウトは自由自在。入居者の要望をかなえることができます。呼出ボタンだけでなく、離床センサーやマットセンサーなど、介護現場で役立つさまざまなセンサーとの接続も容易で、一括管理できます。要介護度の変化に応じて、センサー類の移設・増設も工事不要でできます。

FEATURES05

低価格化を追求。
配線工事費などの見直しでコスト抑制

無線だから、各居室への配線引き込み工事は不要となり、低価格での導入が可能になります。ボタンごとに配線が必要となる有線式に比べ、施設全体の工事費・設備費用を軽減できるだけでなく、配線に関する打ち合わせの時間も削減できます。

導入事例

株式会社MC

有料老人ホーム「サポートハウスみさとノイエ」(埼玉県)

ワイヤレス化による拡張性が魅力

株式会社MC様

左:嶋 淳社長 右:小菅 恵美施設長(サポートハウスみさとノイエ)

Wi-Fi環境を構築しているのに、有線式ナースコールを導入するのはナンセンスだと感じ、無線式を探している時に出会ったのが「ココヘルパ」です。施設側に立ったアドバイスや導入コストに魅力を感じ「ココヘルパ」の導入を決めました。システムの使い勝手も良く、入居者の身体状況に応じて、スイッチを創意工夫して使っています。使用履歴から利用者様の要求や生活リズムが把握し易く、職員の対応が確認できるのもトラブルから職員を守る管理者として、魅力ある機器です。