スタッフの業務負担を軽減したい
SEARCH BY PURPOSE

介護施設に特化した無線式ナースコール
「ココヘルパ」におまかせください!

  • 手早く、簡単に、その場でケア内容を記録

  • 業界初の新技術で夜間巡回業務を軽減

  • 円滑な意思疎通で業務効率をUP

FEATURES01

その場で、手早く記録。
独自開発「スタンプ機能」、他社連携も

介護現場のニーズ・シーズから独自開発した「スタンプ機能」を搭載(ココヘルパA・Wは除く)し、ケア記録の簡便化を可能にしています。ケア記録は、業務項目一覧をスクロールして選ぶだけの選択式を採用し、忙しい業務の中でも簡単に入力することができます。また、他社のケア記録システムとの連携にも力を入れています。

介護記録ソフト連携について

FEATURES02

夜間巡回業務を軽減。
業界初「映像型活動検知機能」搭載

業界初の「映像型活動検知アルゴリズム」を搭載したココヘルパVPなら、「映像と会話」によるナースコール機能はそのままに、リモートによる夜間の巡回見守りまでをサポートできます。一部屋ずつ居室へ足を運ばなくても専用タブレットで見守ることができ、入居者の活動状態の把握ができます。

FEATURES03

スマートインカムで業務改善。
円滑な意思疎通で業務効率をUP

多岐にわたる介護スタッフの業務の効率化を目指し開発した「スマートインカム」を活用すれば、スタッフ間でリアルタイムに情報を共有することができ、スタッフの無駄な動きが軽減できます。ケアコール、インカムなどあらゆる通話を管理することができるハンズフリーの実現が可能です。

導入事例

平成医療福祉グループ

特養「藤香苑」(東京都)

転倒事故などの原因「映像」で究明

平成医療福祉グループ 社会福祉法人道心会様

石川圭太施設長

スタンダードモデル(会話機能)の「ココヘルパG」から、「映像と会話」で初期対応の状況判断を素早くできる「ココヘルパVcam」へバージョンアップし、入居者様へのサービス向上につなげました。ヒヤリ・ハット対策を講じることができる「インシデント機能」も大いに役立っています。それまでは事故が起きた要因を「想像」し、再発防止策について議論していましたが、今は「映像」確認で事故原因が判明します。再発防止策を練るための会議時間が大幅に短縮でき、中身の濃い打ち合わせができています。