ナースコールを入れ替えたい
SEARCH BY PURPOSE

介護施設に特化した無線式ナースコール
「ココヘルパ」におまかせください!

  • ベッドに直接、簡単設置でコストも軽減

  • 有線式と比べて設置期間を大幅に短縮可能

  • 「映像+通話+活動検知」で入居状態を把握

  • 業務に余裕が生まれる「スマートアプリ」搭載 

  • 既存マットセンサーも使用可能

FEATURES01

ココヘルパGで実現。
ベッドに直接設置で費用を軽減

ココヘルパGは、ナースコール設備の入れ替えを念頭に開発した介護施設専用システム。配線不要の無線式の利便性を活かし、会話ユニットはベッドに直接、付属のフックで簡単に設置できるようにしています。施設を運営したままでもスムーズに入れ替えが可能で、短工期・低コスト化を実現しています。

FEATURES02

短工期・低コストが魅力。
入れ替え時の配線工事は不要

有線式の場合、アナログ配線とデジタル配線があり、最新の有線式ナースコールに入れ替える場合にはデジタル配線にする必要があります。その際には、大規模な配線入れ替え工事が必要になります。無線式なら常に時代に合った最新システムを、入居者が普段通りに暮らしながら数日で入れ替え可能です。

FEATURES03

時代に適した最新システム。
ココヘルパVPで活動量を把握

ココヘルパVPは、ナースコール機能に加え、入居者の活動量を把握できる「映像型活動検知アルゴリズム」を業界初搭載。「映像+会話+活動量」で入居者の身体状態の変化を容易に把握することができます。特にスタッフの少ない夜間において、スタッフの精神的・身体的負担を軽減可能です。

FEATURES04

拡張性が魅力。
複数端末持ちの煩わしさを解消

スマートフォンを活用したシステムだから、対応履歴機能やケア記録機能など、運営に役立つ機能が盛りだくさん。他社介護記録ソフト・見守りシステムとの連携や、内線外線など1台のスマホに集約できるため、複数端末持ちの煩わしさを解消できるのも魅力です。

FEATURES05

マットセンサーを流用。
既存センサーをつなげて、費用を抑制

マットセンサーやベッドセンサーなど、既にお使いのセンサーは流用することが可能です。無線式だから、入居者の要介護度の変化に応じて後付けで設置できるのも魅力。介護現場で役立つさまざまなセンサーとの接続も容易です。

※接続端子により接続が難しい場合がありますので、別途ご相談ください。

導入事例

社会福祉法人 三愛会

特養「愛華の郷」(静岡県)

無線の拡張性と使い勝手に満足

社会福祉法人 三愛会様

阿井孝訓理事長

ナースコール設備が老朽化し、入れ替えを考えた時、有線ではなく、これからの施設運営にマッチするWi-Fi環境を整えたいと考え、「ココヘルパ」の導入を決めました。今(コロナ禍)を考えると、無線環境を活かしてサービスの質を維持・向上させながら、「接触」の機会を減らすことができるため、その考えは間違っていなかったと思っています。センサーの設置場所変更が容易だったり、複数端末を1台のスマホに集約することができたりと、使い勝手も良く、求めていたものと合致し、満足しています。